金華の町はこんなところ


@校区のシンボル金華山
 海抜は329m。豊かな原生林の中に多くの野鳥がみられます。何本もの登山道があり、コースによっていろいろな景色が楽しめます。山頂にそびえる岐阜城は、戦国時代に多くの武将のいくさの舞台となりました。
A正法寺の大仏殿
 日本三大仏の一つであるかご大仏が安置されています。この大仏は、木の骨格のまわりを竹で細かくあみねん土で固めたあと、上にお経を書いた紙をはり、うるしと金ぱくで仕上げられ、県の重要文化財に指定されています。
B道三、信長の居城だった岐阜城
 戦国時代、斉藤 道三や織田 信長がこの山城を居城にして「天下」をめざしました。昭和31年岐阜城として再建されましたが、ふもとの金華校区には、当時の城下町としての風情が今も残っています。
C伝統工芸がさかん
 何といっても岐阜ちょうちん。昔はかい中電灯や部屋の電気がわりとして使われていました。他にも、和紙やうちわ、人形など伝統ある工業が多く残されています。


金華小ホームページへ

 

学校活動の紹介