平成20年度より、女子夏服のリボンはなくしました。
 今まで、アンケートでリボンに対する生徒や保護者のご意見をお聞きしました。
 (アンケートにご協力ありがとうございました。)
 さて、その結果も十分考慮し、職員で検討した結果、来年度より女子の夏服リボンは廃止することとなりました。
 廃止の主な理由は、

・生徒の半数以上が廃止を望んでいる。
・クールビズなどの省エネの動向に反する。
・真夏に暑さで体調不良におちいることを少しでも避ける。
・第一ボタンをかわずにリボンをしている姿も見せており、大変見苦しい。
・なくすことで、男子だけでなく、女子も開襟シャツを着ることができる。
・男子は第一ボタンをあけても良いのに、女子だけリボンのために第一ボタンまでしなければいけないことは不合理である。

などです。また、存続のご意見にお答えします。

・「今まで続けてきたことを守ってほしい。」
 続けることの大切さは、職員間からも意見として出ましたが、この件については生徒自身の不合理感や夏場における生徒の体調を大切にしました。生徒の諸活動や生活のおける大切な伝統は今後も育て、守り続けいきたいと思います。
・「なくすと、胸をはだけ、はじらいがなくなる。だらしない。」
 リボンがあっても、登校時など第一ボタンを外している姿が見られます。
・「かわいらしい。中学生らしい。」
 主観の問題で、全ての生徒や保護者がそう思っているとは限りません。
・「岩野田中学校だけなぜなくすのか。」
 市内の中学校で夏服にリボンをしているのはごく一部の中学校にすぎません。
 かつてリボンをしていたけれど、なくしていった中学校がいくつかあります。

「本来、制服については学校が決めることであって、アンケートをとる必要はない。」というご意見もいただきました。その通りだと思いますが、できるだけ生徒や保護者の皆様がどのようにお考えかを職員が考える参考にさせていただきました。

参考
※保護者アンケート最終結果報告